【2PMニックン】実家は超お金持ち!両親がダブル社長のリアル御曹司

スポンサーリンク

2PMで唯一の外国人メンバー、ニックンさんは「タイの王子様」と呼ばれています。

タイの実家は超お金持ちだという噂がありますが本当でしょうか?

両親がダブル社長でリアル御曹司なのだとか。

そこで今回はニックンさんの実家について調査しようと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク
目次

【 2PMニックン】父親・母親はダブル社長!

 2PMニックン画像
公式Xより

『2PM』のニックンはタイ人の父親と中国系アメリカ人の母親を持つダブルです。

今、ハーフとは言わないらしいですね。

ダブルといえばニックンさんのご両親はそれぞれに会社を経営しているダブル社長なんだとか。

お父さんは貿易会社、そしてお母さんはタイの製薬会社を経営しています。

両親は現在もタイに住んでおり、1歳年上の兄ニチャンさんと2人の妹ヤニンさん、ショリンさんもタイに住んでいます。

ニックンの父親

次にニックンさんのお父さんについて紹介します。

お父さんの名前は「Tearagiat Horvejkul」さんです。

国籍はタイの貿易会社の経営者です。

教育熱心でとても厳しく、子供たちに2回注意しても聞かない場合、3回目には罰を科せられるれたりしてしっかりとしつけをしてくれたのだそうです。

お父さんの言葉で今でも大切にしているのはこちらです。

「人は失敗を重ねて成長する。一度や二度の失敗はただのしくじりだけど、三度目以降は自分の‘悪いクセ’になってしまう

ニックンは厳しいお父さんのことが理解できないこともあったけれど、社会に出て恥ずかしくないように教養やマナーを教えてくれていた親心がありがたいと明かしています。

ニックンはデビュー前に挫折しそうになったことがあったそうです。

その時のお父さんの言葉は

「帰って来てもいいが、よく考えろ」
「お前の未来はお前が決める事」

この言葉に励まされてデビューまでがんばったのだそうです。

厳しく子供を突き放すこともせず、甘やかしもしないという素晴らしい言葉ですね。

ニックンの母親

ニックンさんのお母さんの名前は「Yenjit Horvejkul」さんです。

中華圏に起源を持つアメリカ合衆国の国民であるお母さん。

お母さんのおばあさんは海南省出身の華人なのだそうです。

タイの製薬会社‘Union Medical’の社長をなさっています。

ニックンさんはお母さんの作ったタイ料理の「フォー」が大好物でタイに帰る楽しみの一つだと語っていました。

厳しいお父さんとやさしいお母さん。

ちゃんと担当が分かれていていいご両親だとおもいます。

スポンサーリンク

【 2PMニックン】リアル御曹司エピソード5選

 2PMニックン画像
公式Instagramより

それではここからは、2PMニックンさんのリアル御曹司エピソードを紹介していきます。

1. ニックンタイの王子を否定する

2023年15周年を迎えた2PM6人が出演したバラエティ番組「ホンキムドンジョン」でのことです。

MCに「ニックンのタイ王子説は本当なの?」と聞かれたニックンさん。

するとニックンさんは「ただのあだ名です」と否定しました。

王族ではないということなのですね。

2. タイの家は宮殿でトラを飼ってる

バラエティ番組「ホンキムドンジョン」の番組でMCのホン・ジンギョンさんが「すごいお金持ちだと聞いたけど本当ですか?」とニックンさんに質問しました。

するとなぜか、関係ないテギョンさんが「ニックンのタイの家はまるで宮殿のようである」と答えました。

さらにテギョンさんはまるで見て来たかのようにドヤ顔で「その宮殿には虎がいる」と話したのです。

すると一同は「おぉぉおお!!」と驚きの声を上げました。

3. タイ実家ツアーに快諾する人の良いニックン

続いてバラエティ番組「ホンキムドンジョン」での会話です。

MCのキム・スクさんが「タイの実家に一度遊びに行っちゃダメ?」と言いだしました。

ニックンさんは嫌な顔ひとつせず快く「いいですよ」と答えます。

すると、横からチャンソンさんが「気を付けて、相手は本気だ」と注意するとスタジオは大爆笑に。

チュ・ウジェさんは「すぐに9月に行くかもしれない」とニックンさんを困らせようと企みましたが、ニックンさんは笑顔で「11月がいい」と話しました。

キム・スクさんとニックンさん、さらにホンジンギョンさんは握手を交わし、タイ実家ツアーの契約は成立したのでした。

スポンサーリンク

4. セレブスクールに留学経験あり

ワンガヌイスクール画像
https://newzealand-ryugaku.com/lang/wanganui-collegiate-school/

お母様はタイの製薬会社の社長で、お父様は貿易会社の代表を務めるニックンさんは12歳の時セレブに人気のスクールに留学しています。

ニックンさんの留学先はニュージーランドの名門私立ワンガヌイスクールです。

なぜニュージーランドなのかと言いますと、親戚がいたからだそう。

12歳の子供を海外に一人で留学させるのは不安なので親戚がいるニュージーランドをえらんだのでしょうね。

ニュージーランドの名門私立ワンガヌイスクールとは?

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次