【最新】RAIN(ピ)はどんな人?JYPとの関係や経歴を調査!

スポンサーリンク

虹プロ2やJYPのオーディション番組を観ているとJ.Y.Parkさんが「RAIN(ピ)に初めてあった時みたい」「RAIN(ピ)のようだ」などと称賛するときに出てくる「RAIN(ピ)」という名前。

オーディションの課題曲でRAIN(ピ)さんの曲も使用しているので、J.Y.Parkさんはお気に入りのようです。

今回は「RAIN(ピ)」って誰だろう?なんて思われている方のために「RAIN(ピ)」とはどんな人なのか?

そしてRAIN(ピ)さんとJ.Y.Parkさんの関係性についても調査しました。

早速見て行きましょう。

スポンサーリンク
目次

【RAIN(ピ)】wiki経歴プロフィール

最初にRAIN(ピ)さんのwikiプロフィール経歴を紹介します。

名前RAIN(ピ)
本名チョン・ジフン
生年月日1982年06月25日
身長185cm
最終学歴慶熙大学校卒業。壇国大学校大衆文化芸術大学院入学
家族構成妻(女優のキムテヒ)娘2人

RAIN(ピ)さんは2005年にタイと日本、中国のMTVアワードで、アジア人初の「アジア・グランドスラム」を達成しています。

2010年6月には米国ロサンゼルスで開催された「MTVムービー・アワード2010」「Biggest Badass Star」部門に主演した米映画「ニンジャ・アサシン」でノミネートされました。

そして韓国人俳優として初めて「Biggest Badass Star賞」を受賞しています。

アジアを中心に各国でLIVE公演も行っている歌手でもあり数々の人気ドラマに出演する俳優としても成功しているワールドワイドなスターです。

「ピ」名前の由来は?

「ピ」とは、韓国語で「」という意味です。

「ピ」を芸名に選んだ理由は、子供のころから雨が好きだったからだそう。

「ピ」と言う名前は日本と韓国で使用していたようです。

海外ではRainという名前を使っていたので、2006年に日本での活動時も「RAIN」に統一しています。

「RAIN」と言う名前についてはちょっとした騒動が持ち上がったことがあります。

それは事務所が2005年8月24日アメリカ特許商標庁にピ(RAIN)のアメリカ活動名「RAIN」を商標登録しようとしました。

しかし、既に登録されている他の商標のために棄却されてしまったのです。

ただ2007年6月にこの仮処分は棄却されています。

Rainという名前を使ってもよくなったのでよかったですね。

スポンサーリンク

RAINとJYP(J.Y.Park)との関係性を調査

次にJ.Y.Parkさんのプロフィールを紹介しましょう。

名前パク・ジニョン(박진영)
ニックネーム餅ゴリ
生年月日1971年12月31日
出身地韓国 ソウル特別市
職業韓国芸能事務所JYPエンターテイメント社長、プロデューサー、歌手
家族構成妻、娘2人
身長185センチ
最終学歴延世大学校大学院政治外交学科修士課程中退

ここからはJ.Y.ParkさんとRAIN(ピ)さんの関係性について、RAINさんの経歴を見ながら調査していきます。

RAIN(ピ)さんは公園で踊ってる人を見てダンスを覚えました。

やがて1998年にはダンスグループ「Fan Club」のメンバーとして韓国歌謡界でデビューを果たします。

しかし、ヒット曲に恵まれず解散してしまいます。

その後、事務所JYPエンターテインメントの社長のJ.Y.Park(パク・ジニョン)に見出され、以後ソロデビューに向けて練習生となりトレーニングをします。

JYPとの出会い

RAINとJYP画像
RAIN Instagramより

出会った頃のRAIN(ピ)さんについてJ.Y.Parkさんはこのように語っています。

「当時のピからは相当な切迫した雰囲気を感じた」
「飢え死にする直前のライオンの子供のようだった」

この時J.Y.Parkさんは「こんな眼差しの子は初めて見た」と彼の切実な思いを感じキャスティングに至ったそうです。

この頃のRAIN(ピ)さんはJ.Y.Parkさんが感じた通り、とても切迫した状況でした。

母親は糖尿病を患っていましたが治療費も出せないくらい貧しい生活だったのです。

父親は借金をして海外に出稼ぎに出ていました。

残されたRAIN(ピ)さんは、母の看病をしながら牛乳に浸したインスタントラーメンを3食べていたのだとか。

おしゃれをしたい年頃なのに服を買うお金はなく、1か月間同じトレーニングウェアを着て過ごしたことはファンの間では有名なエピソードです。

洗濯もせずに汗がついたままだったなんてかわいそうですね。

とうとう2000年に最愛のお母さんがこの世を去ります。

まだ高校生だったRAIN(ピ)さん。そんなときにJ.Y.Parkさんと出会ったのでした。

最愛の母親との思い出

RAIN(ピ)さんは2008年26歳の時、人気バラエティー番組「黄金漁場」に出演し、最愛の母親との思い出を語っています。

MCから「芸能界で頑張っている原動力は何ですか?」という問いに対し

速攻で「です」と答えていました。

ここからRAINさんはお母さんが亡くなった当時のことをこのように話始めます。

「母は2000年に糖尿病が原因で他界しました。
インシュリンさえ投与していれば生きていけた病気だったのに、当時は100ウォンさえありませんでした」

母親が他界後すぐに家が火事になってしまいます。

RAINさんは

「母親の遺品や写真など何も残らなかった。その時は何故世の中は自分にこんな試練を受けさせるのかと恨めしかった。」と当時を涙ながらに振り返ります。

「もうまじめに生きるのはやめよう」と思い、火事で焼け残った家具をぶち壊していたところ母親のベッドの下から遺書と通帳が出てきたのだそうです。

遺書には妹を頼むと書かれていたとのこと。

「母は自分が助からないことを知っていてお金を使わず自分たちの為に残してくれました。
母親のことを想えば疲れて倒れるわけにはいかない、倒れてもまた立ち上がると決心しました」

と話すRAINさん。

RAINさんはその後、歯を食いしばって芸能界で成功し、2004年にはKBS歌謡大賞を受賞しています。

その時の受賞スピーチで

「3年前、天国のお母さんに必ず大賞をとると約束しました。願いがかないました」

と言って号泣していました。

天国のお母さんもきっとRAINさんの受賞を喜ばれていたでしょうね。

スポンサーリンク

ソロデビュー後の経歴

RAIN(ピ)画像
RAIN Instagramより

JYPエンターテインメントに移籍したRAINさんは、バックダンサーを経て2002年4月28日(19歳) の時に1stアルバム「悪い男」でソロデビューを果たします。

ソロデビュー曲はパッとせず、もう後がないととても苦しんだRAINさん。

2002年10月6日、(20歳) 1stアルバムの後続曲「안녕이란 말 대신」(さよならと言うかわりに)で、音楽チャートで初めて1位を獲得し大ヒット!

1stアルバムはJ.Y.Parkさんが作詞・作曲を、現Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が編曲しているのです。

大ヒットしないわけがないですよね?

RAINさんはCM出演や音楽番組のMCもするようになります。

その年の年末にはSBS歌謡大賞新人賞、ゴールデンディスク大賞、MBC10大歌手歌謡祭新人賞、KMTV新人歌手賞、M.NET新人歌手賞をそれぞれ受賞しました。

JYPから独立

2007年に俳優としても成功をおさめ、CMやバラエティ番組のMCでも不動の地位を確立したRAINさんはJYPから独立しています。

独立後はJ.Tuneエンターテインメントを設立しました。

しかし入隊をきっかけにJ.TuneエンターテインメントはJYPに吸収され、RAINさんは2011年にCUBEエンターテインメントと契約します。

J.TuneエンターテインメントでプロデュースしていたMBLAQというボーイズグループはJYPに移籍しています。

2015年にキューブとの契約終了後はレインカンパニーを設立しました。

JYPから独立した理由

RAINさんはなぜJYPから独立したのでしょうか?

理由についてはJ.Y.Parkさんがバラエティ番組でこのように明かしていました。

「RAINは今まで契約を忠実に履行してきた。裏切りだとは思っていない。
RAINが周囲の顔色を伺って答えを出すのではなく、自ら自由な判断をすることが合理的だと思ったRAINは私に信頼を与えてくれた人。

「歌手RAINより、弟ジフン(RAINの本名)がもっと私に必要だ。
永遠にお酒を交わす友達であることを約束した」

RAIN(ピ)さんがJYPから離れた理由は、あまりにも大きくなり過ぎたからだったようです。

事務所とアーティストとしてのRAINの契約が切れたとしても兄と弟としての関係は永遠に続くとJ.Y.Parkさんは語っています。

その証拠に13年後の2020年には二人はコラボ曲をリリースしています

けんかして移籍したの?

2021年1月2日に韓国で放送されたJTBCのバラエティ番組「知ってるお兄さん」にRAINさんとJ.Y.Parkさんは仲良く一緒に出演していました。

RAIN(ピ)さんは

「僕のおかげでJYPエンターテインメントが成長した」

と主張しました。するとJ.Y.Parkさんは

「RAIN(ピ)が稼いでくれたお金は、アメリカ進出ですべてなくなった」と答えスタジオを爆笑させていました。

そんな二人にMCが「けんかして移籍したの?」と質問したところ、RAIN(ピ)さんは

「パク・ジニョンさんと僕は夫婦のような関係だったので『離婚した』と表現したりするけど、僕は制作がしてみたいとパク・ジニョンさんに言って、サポートしてもらった」と説明しています。

この言葉通り、RAINさんはJYPを卒業後自身の会社を設立し新人のプロデュースをしていました。

ただ入隊するにあたって自社で育てていたアイドルグループはJ.Y.Parkさんに引き受けてもらっています。

このことからもJ.Y.ParkさんとRAINさんは円満に離婚したと言えるでしょう。(笑)

13年ぶりの師弟によるコラボ曲リリース

RAIN(ピ)さんは13年ぶりにJ.Y.Parkさんとコラボしています。

これはRAIN(ピ)さんがJ.Y.Parkさんに曲を頼んだことで実現したのだそうです。

J.Y.Parkさんは

「プライベートで一緒に食事をしても、そんなことを言ったことはなかったからRAINが頼んできて、驚いた」と打ち明けています。

出来上がった曲は二人の初のデュエット曲「僕に変えよう(duet with JYP)」でした。

こちらちょっとしたオチがありまして、RAIN(ピ)さんは

「実は、一人で歌いたかったけど、一緒に歌わないとダメだと言われた」と明かしています。

RAINさんは一緒に歌うことまでは頼んでいなかったようですね。

スポンサーリンク

【RAIN(ピ)】現在の活動は?

2024年現在のRAIN(ピ)さんは、2022年1月3日から放送されたドラマ「ゴーストドクター」以来ドラマに出演されていません。

歌手としては2023年8月アメリカ・ロサンゼルスで行われた「KCON LA 2023」に出演しています。

ところが、この時のステージの観客の反応が話題になりました。

この時のステージはRAINさんの時だけペンライトの数が極端に減り、真っ暗だったそうです。

これは「ブラックオーシャン」と呼ばれるものです。

ブラックオーシャン」はステージ上のアーティストに観客が何かを訴えているときに行われるパフォーマンスです。

訴えている内容は一部で「Ciipher(サイファー)解散に対する抗議」とも言われていました。

「Ciipher」はRAINが設立した事務所レインカンパニーからデビューしたボーイズグループです。

Ciipher(サイファー)画像
Ciipher Instagramより

Ciipher(サイファー)」とは
7人組グローバルボーイズグループ。
2023年8月にタン・テグ・ドファン・ウォンが脱退し、ケイタ・フィ・ヒョンビンは個人の活動をしつつ3人編成で継続。
ケイタはオーディション番組「ボイプラ」出演を経て「EVNNE」(イブン)として活動。
テグは「ONE PACT」としてデビュー。
ヒョンビンはオーディション番組「少年ファンタジー」に出演。

RAINさんがデビューまで3年かけて準備したグループですが、途中から活動が途絶えます。

苦労してデビューしたメンバーが再度オーディション番組に出演しており、ファンからは「グループを大切にしていない」「メンバーが可哀想」とRAINさんが批判されたことも。

不動産長者カップル

RAIN(ピ)画像
RAIN Instagramより

現在のRAIN(ピ)さんは「不動産長者」として有名です。

しかし一方で、不動産とお金絡みの問題も少なくありません。

RAIN(ピ)さんは、2021年7月に920億ウォン(約92億円)の大型ビルを、銀行から450億ウォン(約45億円)の融資を受けて買い入れています。

当時はテナントスペースに空きが目立ち、毎月1~2億ウォン(約1千万~2千万円)の赤字と予想されていました。

ところが、購入からわずか1年後の2022年にビルが1400億ウォン(約140億円)売り出されたのです。

これに対して「たった1年後にここまでの価格の高騰は不動産投機ではないか?」と世間から非難されてしまいました。

このことによりRAIN(ピ)さんのイメージはちょっとダウン。

ただ、RAIN(ピ)さんの奥様であるキムテヒさんは2023年ドラマ「庭のある家」で素晴らしい演技を披露し大ヒットに導いています。

不動産で儲けることも大事ですが、出来ればRAINさんも本業の歌手や俳優業でファンを楽しませて欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

このページではRAIN(ピ)さんについて解説してきました。

J.Y.Parkさんとの関係や経歴はおもしろかったですね。

今でも師弟関係が続いているところに胸を打たれました。

ただ現在のRAIN(ピ)さんはちょっと評判が芳しくないようです。

奥さんのキムテヒさん主演ドラマ「庭のある家」がヒットしたことは朗報ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次