【KISS OF LIFE】ベル経歴プロフィール!天才作曲家と言われる5つの理由!

スポンサーリンク

2023年7月にデビューした「KISS OF LIFE」(キスオブライフ)。

デビュー曲の作詞作曲に参加したのはメンバーのベル(BELLE)さんでした。

このページでは「KISS OF LIFE」(キスオブライフ)のメンバーベルさんの経歴プロフィールについて紹介します。

ベルさんが天才作曲家と呼ばれている理由についても書いて行きますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク
目次

BELLE(ベル)wiki経歴プロフィール

KISS OF LIFE(キスオブライフ)ベル画像
公式Xより

「KISS OF LIFE」(キスオブライフ)のメンバーベルさんのwiki経歴プロフィールはこちらです。

名前ベル
本名シムヘウォン/アナベルシム
生年月日2004年3月20日
星座うお座
出身地アメリカ・ワシントン州シアトル
職業K-POPアーティスト
グループ名「KISS OF LIFE」
学歴所下高等学校
ポジションメインボーカル
身長167cm
趣味ショッピング、アクセサリー作り
家族父、母、兄
所属事務所SMエンターテインメントの練習生
AURAエンターテイメント
S2エンターテインメント(2022年-)
KISS OF LIFE(キスオブライフ)ベル画像
公式Instagramより

ベルさんはワシントン州シアトルで誕生しました。

アメリカで8歳まで暮らした後、韓国・京畿道光明市に移り住んでいます。

このため国籍はアメリカと韓国の二重国籍をもっているベルさん。

ベル」という名前は英語名「アナベル」に由来しているのだそうです。

KPOPアイドルに憧れたベルさんは、SMエンターテインメントの練習生を経てAURAエンターテイメントに移籍しています。

AURAエンターテイメントはソロ歌手としてデビューするプロジェクトが白紙になったことが原因で退所しています。

そして、現在のS2エンターテインメントに移籍しました。

KISS OF LIFEキスオブライフベル画像
公式Instagramより

とても社交的で明るい性格のベルさん。

グループのメインボーカルです。口笛唱法も行いながら高音を出す練習をしています。

ロールモデルはサブリナ・カーペンター。

スポンサーリンク

ベルが天才作曲家と言われる理由5選!

KISS OF LIFE(キスオブライフ)ベル画像
公式Xより

ベルさんはあることをきっかけに天才作曲家と言われるようになっています。

あることとは2023年の「2023大韓民国ベストブランドアワード」で、“誇らしい韓国人大賞”作曲家部門の受賞者に選出されたことです。

それではここからはベルさんが天才作曲家と言われる理由について5つ紹介していきます。

①韓国で作曲家部門の賞を受賞

KISS OF LIFE(キスオブライフ)ベル画像
公式Xより

2023年にベルさんは「2023大韓民国ベストブランドアワード」において、“誇らしい韓国人大賞”作曲家部門の受賞者に選出され、“天才作曲家”と呼ばれるようになりました。

受賞についてベルさんは所属会社を通じてこのように喜びの声を伝えています。

「音楽が好きで頑張ってきただけですが、このような大きな賞をいただくことになり光栄です」
「今後はKISS OF LIFEのBELLEとして、さらに努力して活動していきたい」

②数々の作詞作曲を手がける

ベルさんはとても多才な方で、デビュー前から作曲家として活動をしていました。

「高校時代、他の友人と同じように勉強していたとき、不思議といつも音楽を聴きたい・歌いたい・キーボードを弾きたいと思っていた。」

と話していたベルさん。

音楽を始めようとしたとき、高校の先生に遠回しに「あなたには無理」と言われたそうですが、自分を信じて努力を重ねソングライターの道を開きました。

キスオブライフYouTube“Born to be XX”ドキュメンタリーベル画像
YouTube“Born to be XX”ドキュメンタリーより

PURPLE K!SSとLULUPOP DAISYの「FIND YOU」、(G)I-DLEミヨンの「Softly」そして、LE SSERAFIMのヒット曲でも作詞作曲を担当しています。

それではベルさんが参加した楽曲を紹介しましょう。

LE SSERAFIM『UNFORGIVEN』

こちらは、ベルさんが作詞作曲に参加したLE SSERAFIMの「UNFORGIVEN」です。

2023年5月にリリースされたフルアルバム「UNFORGIVEN」のタイトル曲「UNFORGIVEN」は日本でオリコンデイリーアルバムランキングにおいて1位を獲得しています。

NCTマーク『Child』

ベルさんは作詞や作曲だけではなく、コーラスとしても参加して高い歌唱力も認められています。

NCTのマークさんが2022年2月にリリースした「Child」

NCTのマークさんはSMエンターテインメント所属なので、ベルさんがSMエンターテインメントの練習生だった時にコーラスに参加したのだと考えられます。

前述しましたが、ベルさんはこの他にもPURPLE KISS「FIND YOU」、Kid Milli「Kitty」、(G)I-DLEミヨン「Softly」と「Charging」などの作詞作曲を手掛けてきました。

③デビュー曲とソロ曲も作詞作曲

YouTube“Born to be XX”ドキュメンタリーよりベル画像
YouTube“Born to be XX”ドキュメンタリーより

ベルさんはLE SSERAFIM「UNFORGIVEN」の作詞作曲に参加した後、自身がアイドルグループKISS OF LIFEのメンバーとしてデビューしています。

楽曲を提供するバックアップ側にいたベルさんが、今度は自分が表現して魅せるアーティストに。

7月5日にミニアルバム「KISS OF LIFE」をリリースしアイドルとして公式デビュー。

KISS OF LIFEのデビュー曲「Shhh」と自身のソロ曲「Countdown」の作詞作曲にも参加しています。

「KISS OF LIFE」のメンバーは韓国人のハヌルさん、アメリカ出身のジュリーさん、タイ出身のナッティさん、そしてアメリカと韓国の二重国籍を持つベルさんの4人です。

大切なデビュー曲の作詞作曲を手がけてしまうなんて、さすがとしか言いようがありません。

才能を発揮する場所がたくさんあるのは、ファンとしてとても嬉しいですね。

スポンサーリンク

④人気歌謡で「ホットステージ投票」1位

KISS OF LIFE(キスオブライフ)画像
公式Instagramより

ベルさんは7月16日に放送されたSBS「人気歌謡」において国内外のファンが投票する「ホットステージ」で見事1位に輝いています。

デビュー直後で1位に輝くのは素晴らしいですね!

SNSのコメント欄にはさまざまな言語でお祝いのメッセージが書き込まれていたので、ベルさん初めメンバーの人気や、手がけた楽曲の人気が伺えます。

⑤父親が有名歌手

キスオブライフベル&シムシン(父親)画像
Xより

ベルさんのお父さんは韓国の歌手シム・シンさんです。

1985年に「君の悲しみまでも愛してる」でデビュー。

高い身長に抜群のビジュアル、歌唱力、拳銃を撃つような振付けで人気を博しました。

KBS歌謡祭では新人賞を受賞し、その後「たった一人だけの君」「欲張り」でMBC10大歌手賞を受賞しています。

歌謡チャートでは9週連続1位を記録した大スターです。

KISS OF LIFE(キスオブライフ)ベル画像
公式Xより

生まれた時からシム・シンさんの音楽に触れてきたベルさん。

シム・シンさんは、ベルさんがまだ高校生だった頃にテレビに出演した際、その作曲の才能を認める発言をしています。

ベルさんが作曲家になったのは、いつも身近に歌や音楽があったからかもしれませんね。

親子でTV出演

2012年には8歳のベルさんとバラエティ番組に出演したことがあります。

そして2015年SBS「SBSテレビ芸能」に出演したシム・シンさんは

「とても人気があった。最近の歌手で例えるとEXOレベルだった」と伝えています。

シム・シンさんは「娘にパパもヒョンビンみたいな時期があったと話すけど信じてくれない」と笑っていました。

この「娘」というのがベルさんなのでしょうね。

ベルさんの代理を務める

キスオブライフベル&シムシン(父親)画像
Xより

ベルさんが「2023大韓民国ベストブランドアワード」で作曲部門を受賞した際、グループの活動があり授賞式に参加出来なかったため、代わりにお父様のシム・シンさんが代理受賞し話題になりました。

当時、受賞したことをベルさんは知らず、代理受賞は事後報告だったそうです(笑)

シム・シンさんはKISS OF LIFEのデビューショーケースにも来ていたそうで、ベルさんが愛されて育ってきたことが分かりますね。

スポンサーリンク

まとめ

このページでは「KISS OF LIFE」(キスオブライフ)のメンバーベルさんの経歴プロフィールについて紹介しました。

ベルさんが天才作曲家と呼ばれている理由についても説明しましたが、すごかったですね。

ベルさんは作詞や作曲だけではなく歌やダンス、ラップも上手いのでこれからがとても楽しみです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次